セブママブログ

親子留学ならフィリピン・セブ島のクロスロード

バイリンガル子育ては本当に言語の習得が遅れるのか?セブ育ち6歳&2歳の言語能力。

By
299 views
約 3 分
バイリンガル子育ては本当に言語の習得が遅れるのか?セブ育ち6歳&2歳の言語能力。

もうすぐ2歳3カ月になる優月。

ベビーシッターさんにLet’s take a nap!(お昼寝しよう)と言われ

No, because it’s not evening yet.(ノー!まだ夜じゃないもの)と返すという。。。

 

よく、バイリンガルの環境にいると言語の習得が遅れるのではないか?と心配していただくことがあります。

これ、言われると結構ブルーになります。

確かに優磨の時は、日本語と英語を足して他の子どもの1をちょっと超えるくらいかなぁという感覚でした。そのため、やっぱりバイリンガルの環境だとよくないのかもとかなり不安になったりもしました。

だから、日本に優月の出産のために帰国していた約半年の間に日本語が他の子ども並みというかむしろ達者で困るくらいになってくれて安心したものでした。(ちなみに英語は一切やらなかったためほぼゼロからやり直しになりました。。。)

6歳になった今現在は、日本語は同じ年の子のなかでは達者な方のようで、英語に関してはフィリピンや、英語を話す両親を持つお子さんほどはスムーズにしゃべれていません。本人も日本語の方がラクと言いますが、持ち前のフレンドリーさで不自由は感じていないようです。

 

そして絶賛言語習得中の優月さん。

上記の他にも最近はI want to have umbrella.(←中学校2年生で習うレベル笑) I don’t like you.←それは言わないでほしいけど💦)などすでにセンテンスで話し始めています。

日本語の方は2語で意思を伝えるのは余裕なので標準プラスαです。ママあけて~。ゆずちゃんやる~。などなど。

日本語と英語を足すと2.5くらいのイメージ笑

 

この二人の違いを作っているのは何だろう??私の考えからすると

性別。女の子の方がだいたいよくしゃべる。

兄弟の差。下の子の方がよくしゃべる。

センス。生まれつき持ったセンスというものはあると思います。

そして、環境。優磨の時は私と優磨、ベビーシッターと優磨と1対1で過ごすことが多かったのですが、優月はいつもたくさんの人と一緒に過ごしています。話しかけられる量も多ければ、他の人が話していることを聞いてる量も圧倒的に優磨の時より多いのです。

こんな環境なので

 

というわけで、岡本家の経験から言うと、バイリンガルの環境だから言語の取得にマイナスの側面が出るということはなさそうだという結論が出ました。

「バイリンガルの環境で子育てをすると言葉の習得遅くなるんだって」という意見に

「そんなことないよ」

ってはっきり言えそうです笑笑

 

 

 

 

この記事を書いた人

フィリピン留学CROSSXROADMiyu
1980年生まれ
4歳の男の子と0歳の女の子をフィリピン・セブ島で子育て中。

29歳までは絵にかいたような普通の人生を送っていたところ、タクさん(旦那さん)の世界一周旅行へ行こう!という提案がきっかけでちょっとだけ変わった人生へ。

フィリピン留学を経て世界一周し、2012年にセブ島で旅人たちのための英会話スクールCROSS×ROADを夫婦で立ち上げる。

2013年にセブ島で長男の優磨を、2017年に日本で長女の優月を出産し、2018年現在はセブ島で子育て中。

日本での子育てを経験したことで、やはり“セブ島子育てっていいな”と改めて実感し、CROSS×ROADで親子留学コースを新設しました。
たくさんのママさんに親子留学のことを知ってもらいたいという想いから、現在セブ島でのリアルな子育て模様をブログで発信しています。

コメントを残したい方はこちらから

*
*
* (公開されません)