セブママブログ

親子留学ならフィリピン・セブ島のクロスロード

フィリピン人に間違えられる話

By
156 views
約 3 分
フィリピン人に間違えられる話

この夏はキッズと一緒にお出かけ、プール、海と遊びつくしたのでいつもに増して黒焦げになった私。

その結果どうなったかというと、

先日クロスロードの生徒さんに英語で話しかけられました。

事務所で目が合ってから一瞬間があいて

「Do you know where is Mitsuru(マネージャーさんの名前)?]

あぁ、こんな時まで英語を使うなんて、とっても勉強熱心♪と

「He’s in his room…」

と答え始めたもののなんとなく違和感。そして気づきました。

彼、私をフィリピン人だと思ったのだと笑笑

そこにいた皆で大爆笑。彼は平謝り。全然気にしてないけどね( *´艸`)

 

このおかげでいいこともありましたよ!(^^)!

セブには、ウーカイウーカイ呼ばれる古着屋さんがたくさんあります。

日本や韓国からバルクで仕入れてくるようで、こちらのモールで購入するより縫製や生地がしっかりしていたりします。

路面店は30ペソ(60円)~、店舗を構えているところだと50ペソ(100円)~平均200ペソ(400円)くらいなイメージです。
※1ペソ2円ちょっと

今日はフラっと路面店に立ち寄りました。よくとおる道にあるのでよさそうなものがあれば値段を聞いていたのですがだいたい私が選ぶものは120~200ペソの間。路面店にしては高いなぁと思っていました。

そして、今日は薄手のチェックの羽織物が気に入って購入する気満々でお店の人に渡すと

「35」

なんですと!?

150ペソはすると思っていましたよ。それが35ペソ。

サーティファイブ???と思わず聞き返すと怪訝な顔で私の顔を覗き込み

そのあとも数回チラ見。

きっと彼女、私をフィリピン人だと思ったのでしょう笑笑。

私自身はどこの国の人に見られようとあまり気にならず、

むしろその間違いから人との距離が縮まったり、ちょっと安く物が買えたりすることもあるので楽しんでいます。

35ペソ(約70円)でゲットした服♪

 

 

この記事を書いた人

フィリピン留学CROSSXROADMiyu
1980年生まれ
4歳の男の子と0歳の女の子をフィリピン・セブ島で子育て中。

29歳までは絵にかいたような普通の人生を送っていたところ、タクさん(旦那さん)の世界一周旅行へ行こう!という提案がきっかけでちょっとだけ変わった人生へ。

フィリピン留学を経て世界一周し、2012年にセブ島で旅人たちのための英会話スクールCROSS×ROADを夫婦で立ち上げる。

2013年にセブ島で長男の優磨を、2017年に日本で長女の優月を出産し、2018年現在はセブ島で子育て中。

日本での子育てを経験したことで、やはり“セブ島子育てっていいな”と改めて実感し、CROSS×ROADで親子留学コースを新設しました。
たくさんのママさんに親子留学のことを知ってもらいたいという想いから、現在セブ島でのリアルな子育て模様をブログで発信しています。

コメントを残したい方はこちらから

*
*
* (公開されません)