セブママブログ

親子留学ならフィリピン・セブ島のクロスロード

子育て中のママの目線で『見てる、知ってる、考えている』を読んでみて

By
3420 views
約 3 分
子育て中のママの目線で『見てる、知ってる、考えている』を読んでみて

急きょ6月4日から2週間ほど中島芭旺君のお母さんである岩切弥生さんが来校されることとなり、芭旺君の著書である『見てる、知ってる、考えている』を読んでみました。

 

これを10歳の男の子が!?

自分が10歳の時は何をしていただろうか?何を考えていただろうか?そんな風に思わざるを得ない”深い”言葉の連続でした。

 

でも、子育て中のママとしては”深い”だけでは済ませられない言葉も。

 

自由にやっていいよ!
でも、ゲームはダメだよってどっちだよ!

「子供は大人に従いなさい」
なんて言っている大人がいることが驚きで、
そんな先生がいるのが驚き。

同じ人間なのに

 

大人が書いた子育ての本ではなく、10歳の子どもが書いたことばだからすごく刺さるし私たち大人が思っている以上に子どもはいろいろ、それこそ見てるし、知ってるし、考えてるんだと思い知らされます。

 

私たち大人が子どもに対していかに理不尽か。
友達や仕事の相手には絶対に言わないようなことを言ったり、気分に任せて怒ってしまったり、、、

私もよくやってしまうのです。

お出かけ前に急な用事が入ってさんざん子どもを待たせたのに、こちらの用事が終わったとたんに「早くいくよ!」とか、昨日はipad見てもいいよって言ったのに今日はダメとか。

 

この間小児科で見かけた風景
もう、何でじっとしてられないの、こっちに座ってなさい!もう、何でママの邪魔するの、あっちで立ってなさい!

どっちやねん!と関西弁で突っ込みたくなりました。

 

大人が子どもに対していかに理不尽であるか、、、
もしかしたらたくさんの10歳の子どもたちが思っているかもしれないけれども世間や大人たちには知らしめることができないでいる言葉や想いであり、芭旺君が言葉にして、本となり、17万人の大人(多分購入するのは大人だと思う)に届いたということがすごいことだなと思いました。

そして

ママだから好きなのではない。
この岩切弥生という人が好き。

 

私も優磨や優月からそんな風に言ってもらえる人になりたいと思いました。

 

 

 

 

この記事を書いた人

フィリピン留学CROSSXROADMiyu
1980年生まれ
4歳の男の子と0歳の女の子をフィリピン・セブ島で子育て中。

29歳までは絵にかいたような普通の人生を送っていたところ、タクさん(旦那さん)の世界一周旅行へ行こう!という提案がきっかけでちょっとだけ変わった人生へ。

フィリピン留学を経て世界一周し、2012年にセブ島で旅人たちのための英会話スクールCROSS×ROADを夫婦で立ち上げる。

2013年にセブ島で長男の優磨を、2017年に日本で長女の優月を出産し、2018年現在はセブ島で子育て中。

日本での子育てを経験したことで、やはり“セブ島子育てっていいな”と改めて実感し、CROSS×ROADで親子留学コースを新設しました。
たくさんのママさんに親子留学のことを知ってもらいたいという想いから、現在セブ島でのリアルな子育て模様をブログで発信しています。

コメントを残したい方はこちらから

*
*
* (公開されません)